FC2ブログ

プラハ、ベルリン行き7(ベルリンから日本へ)

日本へ帰国

6朝食

6朝食2

6朝食3

食事を終えて、ホテルの周りを散歩。

6ホテル


6飛行機



6ワイン
自宅でワイン。カーデーヴェーのプライベートワイン。
安価なわりに美味しいと思う。ワインに全然詳しくない私が言っても説得力ゼロだけれど
ドライな白ワイン。

6ナツメヤシ
ビオのお店で購入したナツメヤシ。
何だか解らずに雰囲気だけで購入。これが以外においしかった。


今回の旅行は短かったけれど、多くの貴重な経験もできて、有意義な8日間だった。
貴重な経験ができても、これが活かせなければ意味がないと思うので


頑張ろう…
スポンサーサイト



プラハ、ベルリン行き6(ベルリン 画廊へ)

5朝食1

5朝食2

ベルリン観光最終日。というか今回の旅行の観光最終日。
今回の旅行の1番の目的は、ベルリンの画廊の展覧会(6月1-14日)で展示している自分の作品を観るため。
美術を海外で展示し、販売する活動をしているTERADA Project の企画にに参加し、
ベルリンの Kunstwerk Winkler画廊の展示会に出品。

出品したからには、やはり自分の目で確認して、今後に繋げていかないと。
ということです。


ベルリンに行くという話をTERADA Project に連絡をしたところ、

ベルリンのGallery DenのオーナーのGemar知子さんに連絡をとって下さり
この日、Kunstwerk Winkler画廊でお会いすることになりました。
Gemar知子さんのご計らいで、Kunstwerk Winkler画廊のオーナーともお話できるということで
この日をとても楽しみにしていました。



5画廊ディスプレイ


Kunstwerk Winkler画廊のウィンドー。
偶然にも宿泊しているホテルから徒歩2、3分という近さ。
なので、このギャラリーの前を何度も通り、自分の作品を何度も眺めることができました。

続きを読む

プラハ、ベルリン行き5(ベルリン)

ベルリンのホテルのテレビでも洪水被害のニュースが流れていた。

3tv6.jpg

3tv7.jpg

3tv5.jpg

3tv4.jpg

3tv3.jpg

3tv2.jpg

3tv.jpg
私たち旅行者は、自然災害に遭遇しても、そこから離れれば辛い場面から解放されるけれど、
そこで暮らす住人はそうはいかない。
これを克服する為に多くの時間と忍耐と努力を積み重ねて行かなければならない。
そう考えると、何だか胸が痛くなるし、何だか後ろめたい気持ちになる。


けれども
今回、私たちは日常を離れ
限られた時間を利用して、楽しむために旅行に来ているのだから…… 
と自分に言い聞かせて気持ちを切り替える。







続きを読む

プラハ、ベルリン行き4(プラハからベルリンへ)

タクシーの予約時間は9時。
それまではホテルでゆっくり過ごす。
外は相変わらずの雨。

ホテルの食堂には若い女性の4人組。4人ともスマホ片手にしながら、お喋りしながらの朝食。
どの国でも同じ風景だと改めて思う。
言葉の感じで韓国からかな?
そんな感じがした。

とにかく、これからの移動に備えて腹ごしらえ。

3morning2.jpg


3morning.jpg



部屋に戻ると、私の携帯に着信が。
知らない番号からで、不安な気持ちで出てみると、日本の旅行社から。

内容は、
今プラハが洪水の被害を受けていて、列車の運行も相当影響を受けるだろう。
と現地(プラハの旅行社)から連絡を受けた。
もしかしたら、私たちが乗車予定の列車も動かないかもしれない。
ただ、今のところ運休になるという連絡は入っていないので、
とりあえず、中央駅まで行って、状況を見守ってほしい。というもの。

雨は降り続いていたけれど、そこまで酷い状態だったとは初耳だった。
ここでようやく昨日の地下鉄駅の閉鎖に合点がいった。

ただ、話に実感がわかない。不安が募るのみ。


少し早め、8時40分くらいにチェックアウト。

ただ、先程の4人組の女性がホテルフロントで何かを話している。
彼女たちはタクシーを頼んで断られていた。

たぶん水害が影響しているんだろうけれど
そういうことなら、私も心配になりフロントに
タクシーを予約しているんだけれど?
と話しかけると、
大丈夫。全く心配はいらない。タクシーは9時に迎えにくるので、ホテル入り口で待っていて下さい。
ということだった。

やはり前日に予約して正解だった。


街の状況はどうなっているんだろう。


4人組の女性はタクシーを諦めて、傘をさして出発。
観光はできるのか?

周りの人たちの様子はそんなに切羽詰まった様子は全く無く、通常と変わりない。

ただ、タクシーの運転手が予約客を彼女たちだと間違えてしまったら大変だと
タクシーをホテルの外で待つことにした(笑)
今なら笑い話だけれど、この時は必死(笑)

少しして
一人の男性に
タクシーを待っているのか?と声をかけられる。
そうだ。
と答えると、すぐ出発するから、ちょっと待っていて。と
彼はたぶんホテルフロントに連絡に行ったようだった。

ホテルから出てきた彼に促された車は普通乗用車。タクシーメーターもない。
日本でいうなら『白タク』?

これはタクシーなのか?
と尋ねると
そうだ。
と答えるし、ホテルも通っている話だろうから、
大丈夫だと信じて乗車。

ホテルと直接契約している人なんだろう。

車は私たちが散々歩いた駅までの道ではなく
ハイウェイに入った。
私たちの心配をよそに、車はあっという間にハイウェイから下りる事なく広い駐車場に到着
そこは駅の屋上スペースだった。
本当にあっという間にに着いてしまった。
料金も昨日聞いていた最低ライン280コルナ。
運転手に300コルナ支払う。

チケットはあるのか?と運転手に訊かれたので
ある。と答えると、
だったら、目の前のエレベーターで一つ下の階で下りれば良い
と教えてくれた。

半信半疑で下りてみると
昨日ホテルから苦労して辿りついた駅の列車の運行表示版の前。

私の感覚としては、ホテルからあっという間にワープしてきたという感じ。
狐につままれたような感じ。

ネットで見たタクシートラブルとは全く無縁で、最短距離で到着することができた。


続きを読む

プラハ、ベルリン行き 雑感

今回の旅行は、迷子にならないように、iPadの地図がいつでも利用出来るようにするために、成田空港でモバイルWi-Fiルーターをレンタルして出かけた。
理由は、私はiPhoneとiPadminiの2台使用しているので。
1台だけなら携帯電話会社の海外利用サービスなども随分使いやすくなって、特にドイツは全てのプロバイダが定額で使用出来るようになっているので、レンタルなどしなかった。
そして、インターネット接続はどちらか1台に限定すれば問題なかったのだけれど、
言葉が分からないという問題は大きく、自分でいろいろ調べなければいけないので、やはりその場に応じて、2台使いたいと考えた。

そういうことでモバイルWi-Fiルーターをレンタルすることに決めた。
ただ、レンタル時から返却時まで、飛行機内で使用していない時まで料金に含まれてしまうので、割に合わないとも思うけれど、今回は8日間使用で、1日1150円×8 安心保証210×8 合計10880円。
これは2台使用した時よりは安かったと思う。実際、旅行中は、地図、翻訳、検索など頻繁に使用していてほぼフル稼働だった。ただ、ルーターの充電が3,4時間しか持たなかったことは大きな誤算だった。
iPhoneの電力消費も激しく、やはり直ぐに充電切れをおこす。
というわけで、今回は大容量のモバイルバッテリーに救われた。これが無かったら、見知らぬ街で途方に暮れていたに違いない。

ただ、観光中、バックの中には常にiPhone、iPadmini、WiFiルーター、モバイルバッテリーなどが入っていることになる。これが重い。大袈裟にいえば、常に荷物の重さと戦っていた。


2ipad.jpg

iPadminiとモバイルWiFiルーター。そしてもちろんガイドブックも大いに活用した。
悪天候の中、iPadの使用は考えもの。なぜなら直ぐに雨で濡れてしまうので、使用していても気が気ではない。
こういうときは、ボロボロになっても構わないガイドブックが有難い。実際ガイドブックはボロボロになってしまった。

プラハ、ベルリン行き3(プラハ)午後


先程の停留場から再び22番のトラムに乗車。
そして一つ先のマロストランスカー(Malostranska)で下車。
ここで昨日同様地下鉄に乗り換え(Depo Hostivar行き)に乗り
ここでも一区間スタロムニェストスカ(Staromestska)で下車する。
駅から真直ぐ旧市街広場に向って歩く。

2syoutikukyouto.jpg
トゥルハーシュ・マリオネティは小地区橋塔よりもカレル橋よりにある。


2marasutorana.jpg



2malostranskastation.jpg
地下鉄マロストランスカー駅


2subway.jpg
ホームは地中のかなり深いところを地下鉄は通っている。
(川の下を通しているからか?)

続きを読む

プラハ、ベルリン行き3(プラハ)午前

3日目は朝からウンザリするくらいの土砂降り。
翌日は移動になるので、観光できるのはこの日のみ。ということで、勇気を振り絞って観光に出かける。本当ならば、こんな天気ではホテルでゆっくりしたいところ。
というわけで、この日は、出来るだけ乗り物に乗ってプラハ観光することに。
トラムに乗って、車窓の景色を楽しんだり、ケーブルカーに乗って高い所からの市内の景色を楽しんだり、
後は天気をみながら、旧市街広場などの観光スポットをまわって買い物をする。
こんな予定です。

2morning2.jpg




まず、ホテル近くのトラム停留所Bila labufから3番のトラム(Levskeho行き)に乗り、Kar.nam.でトラム22番(Bilahora行き)に乗り換える。


ヴルタヴァ川を渡って直ぐのUjezd下車。ペトシーン公園に入ったところにあるケーブルカーで上に上がる。このケーブルカーも市内共通交通券でOK.


2petosien16.jpg

ケープルカー駅






プラハ3日目
プラハ中心部3日目

続きを読む

計画だけは

今回は初めてのプラハ
事前にプラハ観光を調べて、楽しみにしていたのが
芸術鑑賞。それに市。

プラハの教会でのコンサート
マリオネット劇場での観劇
蚤の市
ファーマーズマーケット

コンサートとマリオネットは夜間。
教会コンサートはあちこちの教会で毎日のように行われているらしい。
昼間、教会の前でチケットを売っているのも見かけた。
行けると思ったけれど。
この悪天候では無理は禁物と諦めました。
蚤の市、ファーマーズマーケットは言わずもがな。

また、次の機会もあることを信じて。

続きを読む

プラハ、ベルリン行き2(プラハ)

翌日は朝から雨、ネットで天気予報を調べてみたら、なんと滞在予定の3日間は全て雨マーク
もうテンションダダ落ち。
日本は梅雨に入ったけれど、ヨーロッパには梅雨はないし… なんて気楽に考えていたし
プラハの天気が雨なんて、全く予想していなかったこと。
そのため、雨が降ったらどうするかなんて全くノープラン。
こうなったら、ひたすら天気関係無しで観光あるのみです。

続きを読む

プラハ、ベルリン行き1

今回は、8日間のプラハ、ベルリン旅行。
目的は、ベルリンのギャラリーに出品している自分の作品を見ること。
実際にこの目で確かめて、今後の方針を考える材料にできるようにすること。
そして普段何もしてあげられていない母親との二人旅。
とにかく無理はしないというのが大前提です。
何事もなく無事に帰国するということも(笑)

続きを読む

 
プロフィール

藍色

Author:藍色
日々感じたことを、ここに書き留めて、頭の中を整理できたら良いなと思っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
     
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード