FC2ブログ

始動

気がついたら、2ヶ月近く作品制作をお休みしてました



続きを読む

スポンサーサイト



ドイツ旅行 帰国日

テーゲル空港を午前中に出発の便で帰国。
フランクフルト経由で成田へ。
成田到着は翌日早朝。


帰国日ホテル
ホテル


帰国日トラムホーム


重いスーツケースを転がし、ホテル前からトラムでアレキサンダープラッツ駅へ急ぐ。
トラブルでトラムが遅れ、通勤時間帯にかかってしまい、スーツケースを運ぶのは容易なことではなく、かなり焦った。
アレキサンダープラッツから来た時と同じようにバスでテーゲル空港へ。


帰国日縦列駐車
バスの車窓から 

どうでもいいことだが、外国、ヨーロッパに来て常々思うのは、
縦列駐車が上手くないと、車に乗れないのではないか?ということ。
見事なくらい狭い間隔で駐車している。どのようにして、車を発車させるのだろうか?
前後の車にぶつけないで発車できるのか?
不思議で仕方ない。ちなみにこの写真の駐車車両の間隔は、まだ広い方。



帰国日ベルリン中央駅
バスの車窓から ベルリン中央駅


テーゲル空港での朝食
テーゲル空港で朝食




帰国日時計
空港の時計が止まったままなんて(笑)


帰国日テーゲル



帰国日飛行機
私たちが乗ったテーゲル発フランクフルト行き/ルフトハンザ







機内食チキン



機内食ビーフ



機内食朝


菓子パン






一番の目的は果たせなかったが、自分なりにベルリンの街を大いに堪能できた気がしている。
豪華なレストランには入らなかったが、普通の食事を楽しむことができた。
ほんの少しだけれども、アート事情もわかった気がする。


また、直ぐに旅に出かけたくなったということが、今回の旅を何よりも物語っているはず。

続きを読む

ドイツ旅行 八日目 (デパートで買い物)

昨日のリベンジ。昨日と同じコースをたどって、デパートへ買い物に行く。


ホテル前の交差点や、トラム乗り場、到着までの時間を知らせる電光掲示板など、
ベルリン滞在中、頻繁に利用させてもらった。
すっかり見慣れた風景。



交差点



トラム



トラム



トラム







続きを読む

ドイツ旅行 七日目 その2(遊覧船に乗る)

ここまで歩いてくると、博物館島は目の前。
随分近場を連日観光しているものだと、何だか可笑しくなってくる。

フンボルト大学前を過ぎると、旧博物館、ベルリン大聖堂。

祭日だということもあって、凄い賑わいだ。


噴水
博物館島前、旧博物館前の噴水


大聖堂
ベルリン大聖堂とテレビ塔



せっかくここまで来たので、大聖堂内を見学することにする。
拝観料7€。

続きを読む

ドイツ旅行 七日目 その1(フリードリッヒ通りなど)

月曜日なので、この日の予定は、デパートに買い物。

ガイドブックによれば、ベルリン市内で有名なのは、Uバーン、ヴィッテンベルグ広場駅前にある『カーデーヴェー』、フリードリヒ通りにある『ギャラリー・ラファイエット』『クヴァルティーア206』など。


まず最初にUバーンでヴィッテンベルグ広場駅へ。


Uバーンアレキサンダープラッツ駅のホームのブレッドスタンド
Uバーンアレキサンダープラッツ駅のホームのブレッドスタンド

ここも焼きたてのパンが並ぶ。

続きを読む

ドイツ旅行 六日目 その2(ブランデンブルグ門、戦勝記念塔)

再びアレキサンダープラッツに戻ったのが13:00過ぎ。
まだ、早いので、乗り馴れた100番のバスに乗って適当な所で降りて観光することにする。
毎日のように乗っているので、車窓からの風景も見慣れて来た。


バス停 テーゲル空港行き
アレキサンダープラッツ駅前のバス停

続きを読む

ドイツ旅行 六日目 その1(蚤の市巡り)

日曜日ということで、先ずは蚤の市へ。
行き易いということで、Uバーン、エバースヴァルター通駅近くにある
壁公園の蚤の市、アルコーナ広場の蚤の市へ行く。

Uバーン(地下鉄)初挑戦。
夜は少し怖かったが、昼間なら問題ないだろうと。
ポツダマープラッツで怖かったのは、人通りが極端に少なかったせいで、
そうでなければ別に怖くはない。
地下鉄なのだが、地上を走っている区間も結構ありそうだ。
エバースヴァルター通駅へ。

続きを読む

ドイツ旅行 五日目 その2(6月17日通りの蚤の市など)

ポツダマープラッツからバスでアレキサンダープラッツに戻る。


アレキサンダープラッツからSバーンでティーアガルテン駅に。6月17日通りの蚤の市に。
この蚤の市はベルリン最古の蚤の市だそう。
駅を出ると目の前に屋台がギッチリと並ぶ蚤の市が広がっている。
アンティーク中心だということで、絵のモチーフ探しには楽しみな場所。
土日10:00~17:00の開催。


6月17日通りの蚤の市



続きを読む

ドイツ旅行 五日目 その1(ポツダマ―プラッツ、美術館・画廊)

この日は土曜日。
ガイドブックで、土日は、市内各所に蚤の市が立つということを知り、蚤の市巡りが楽しみだった。
それと、購入していたミュージアムパスの有効期限が3日間。この日が期限だったため、
この日の予定は、最初にポツダマープラッツへ。絵画館と新ナショナルギャラリー、そして、ベルリンの老舗画廊のアールンドとブレイン・サザンに行く。
その後、Sバーンのティーアガルテン駅からシャルロッテンブルグ門の向こうまで屋台がぎっしり建ち並ぶ『6月17日通りの蚤の市』へ行くことに決めた。


Straße又はStr. 『シュトラーゼ』と読み、通りの意味。
Allee 『アレー』と読み、大通り、並木道の意味
Kirche 『キルヒェ』と読み、教会の意味。





続きを読む

ドイツ旅行 四日目 その2(テレビ塔、展望台に登る)

アレキサンダープラッツ駅に戻り、19:30頃テレビ棟の展望台に上る。


日没のテレビ塔

日没時のテレビ塔



このテレビ塔は旧東ドイツにより1965年から1969年にかけて建設された。
建設された当時の高さは365 mだったが、1990年代に新しいアンテナが設置されたため、3mプラスされて、現在の高さは368 mとなっている。塔の中ほどにある球体の真ん中に、展望台と回転レストランがあり観光客の人気スポットである。展望台は高さ204mの位置にあり、晴れた日には40km以上先までが見える。

続きを読む

 
プロフィール

藍色

Author:藍色
日々感じたことを、ここに書き留めて、頭の中を整理できたら良いなと思っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
     
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード